2017年冬人気のダウンコート、レディース

SPONSOREDLINK

 

2017年今年流行りのダウンはどんな形?

 

寒い冬に大活躍するダウンコート。

 

オンでもオフでも使えるので、持っている人も多のでは?

 

2017年の冬も引き続き、ダウンコートの人気が高いです。

 

今年は、ショート丈よりもお尻が隠れるくらいの長さのロングダウンコートがトレンド。

 

あまりボリュームが出すぎず、ストンと着こなすのが今年らしいです。

 

また、カラーとしては上品なイメージがあるネイビーやグレー、ブラックがオススメの定番カラーです。

 

既に定番色を持っているという人は、キャメルやベージュ、アースカラーのダウンコートを買い足すのもオススメです☆

 

ダウンコートの活躍するシーン

 

アウターの中でも、ダウンコートは他のアイテムと合わせにくいと思っている方もいるのでは?

 

ダウンコートと一言に言っても、形や丈、素材からボリューム感まで様々。

SPONSOREDLINK

 

トレンドということもあって、今いろんなブランドからいろんな種類のダウンコートが販売されています。

 

一目見て「好みじゃないな」と思っても、試着してみると意外としっくりくることもありますよ。

 

必ずあなたに合う、好みのダウンコートが見つかるハズです。

 

そしてその種類によって、カジュアルな場面からオフィス、ちょっと高級なレストランまで、様々なシーンで着ることができるのがダウンコートです。

 

2017年冬人気のダウンコート15選

 

 

世界中から人気を誇る、ダウンコートでとても有名な「カナダグース」。

 

街中で、この袖部分のマークを見たことがある人も多いのでは?

 

こちらは本格派のダウンなのに、ウエスト部分が細身になっていたり光沢感を抑えていたりと今年らしいラインで、女性らしさ満載です。

 

もちろん防寒はバッチリで、インナー薄着でも大丈夫なくらいです。

 

ファー部分はコヨーテを使用していて高級感があります。

 

質がとても良いので、その分価格もお高めです。

 

せっかく買うなら本格的で長く使えるものを買いたい、という人にはオススメです。

 

 

ダウンを90%使用しており、軽さ&暖かさが抜群です。

 

衿端と裾にギャザーがあるのがポイント。

 

ボリュームが控えめなので、閉めてきても着ぶくれせず着こなせます。

 

ウエスト部分が細くなっているのも嬉しいですよね。

 

お尻が隠れるくらいの丈感なので、ボトムスはガウチョやワイドパンツ、ミモレ丈スカートなどとも合わせることができます。

 

裾は絞ることもできるので、ボトムスによって変えられるのがとても便利です。

 

 

既にダウンコートを持っている人は、こんなレディライクなものもオススメ。

 

カジュアルな印象になりがちなダウンコートですが、こちらはギャザーリボンがフロントと袖部分にあしらわれており、女性らしい印象のアイテムに。

 

最高級のフレンチダッグが使用されているので、暖かさもお墨付き!

 

 

ダッフルコート!?と見間違えそうな、メルトン生地のダウンコート。

 

いかにもダウンコートというのが苦手な人にはオススメです。

 

トグルのループには本革が使用されているため、高級感があります。

 

使いやすいミドル丈で合わせるアイテムを選びません。

 

 

ダウンコートらしい光沢感が好きな人にはこちら。

 

ツイル組織になっており、長期間この光沢が楽しめるように作られています。

 

身頃、袖共に裾や袖口に行くにしたがって広がる綺麗なAラインになっています。

SPONSOREDLINK

 

こちらのダウンは、水鳥のダウンボールが使用されているので保湿性に優れています。

 

 

動きやすさ重視の人には、こちらのダウン。

 

アクティブ派の人は、おしゃれもしたいけれど機能性もとっても重要ですよね!

 

こちらは両サイドにファスナーが付いており、開けば足の可動範囲が上がります。

 

袖口がリブ仕様で、自転車に乗っていても風が入り込んできません。

 

フロントのファスナーが二重になっていたり、ポケットが大きめに作られているなど、防寒はもちろん機能性がとても高いです。

 

 

とにかく着ぶくれはしたくない、という人にはこちらがオススメ。

 

ホワイトグースが使用されているので、暖かさはもちろんとても軽いダウンコートです。

 

お尻が隠れるくらいの丈でウエストの作りが細く裾ひろがりになっており、すっきりシルエットになっています。

 

 

ゴージャス感が欲しい人にはこちら。

 

肩周りがセミドルマンスリーブになっていたり、ウエストが絞れるようになっているためスタイル良く見えます。

 

襟には贅沢にトスカーナムートンを使用しており、高級感溢れています。

 

細身の身頃とボリューム衿が絶妙なバランスになっています。

 

 

可愛らしいダウンを探しているならこちら!

 

しなやかな素材の身頃とハリのある下身頃が絶妙にマッチしています。

 

フロントにフリルがあしらわれていたり衿にボリュームがあるので、愛らしい印象になります。

 

ネイビーを選べば大人の女性でも着こなせますよ。

 

 

ノーカラータイプのダウンコート。

 

丈は長めですが、Aラインなのでスタイル良く見えます。

 

裾とポケットのパターンキルティングがとってもおしゃれです。

 

顔周りをすっきり見せたいときにぴったり。

 

 

ショールカラーで首元が暖かいのでマフラーいらず。

 

ウエストリボンで可愛いのに、生地がしっかりしているので高級感もあります。

 

実はこちら、付属のスマートダッカーを使えば赤ちゃんの抱っこもできちゃう優れものなんです!

 

 

こちらがスマートダッカーを使用した状態です。

 

自分も赤ちゃんも一緒に暖かくなれるなんて嬉しいですよね。

 

子供が大きくなってきたらファスナーを開けば窮屈さがないので、長く使えるのも魅力的です。

 

 

トレンドを押さえながら個性を出したい人はこちらがオススメ。

 

ダッフルのディテールに加え、袖とバックにダウン素材が使われています。

 

トグル部分も高級感があり、個性的でありながらおしゃれなコーデに仕上がります。

 

 

こちらのダウンコートは、余計な装飾がなくシンプルに着こなせます。

 

細めシルエットでオンオフどちらでも着用できるアイテムです。

 

大きめのラウンドカラーが女性らしさを出してくれます。

 

 

内側にシームテープを使用しており防水機能が高いです。

 

ポケットは熱接着されており、止水ファスナーを使用。

 

雨の日でも気にせず着用できるのが嬉しい一着です。

 

トレンドのミドル丈ですがシンプルなデザインなので、他のアイテムは明るめな色だったり柄物だったりとコーデの幅が広がります。

 

こちらの記事もおすすめです!

 

SPONSOREDLINK

新着記事

  1. 盛り袖とはどんなデザイン?袖部分が大きく広がったボリュームのあるものや、フリルやリボンなどの…
  2. 抜襟とは?「抜襟」という言葉を聞いたことはありますか。これは、シャツを少し後に持ってきて襟足…
  3. ロングジレとはどんな服?ジレとは、英語で「gilet」と書きます。袖無しベストのようなもので…
  4. 今年トレンドのデザイン、春ワンピースは?今年は袖や裾のコンシャスなデザインのものがトレンドと…
  5. 今年のユニクロとgu新作春ニットは?ユニクロではリブモックネックニットが今年も人気、guでは…

人気の記事

  1. デニムアイテムは今年のトレンドですよね!中でも注目を集めているのアイテムがデニムワンピース!…
  2. オールインワンとは?どんな服?トップスとボトムスが繋がっていて、1枚の洋服になっ…
  3. 今年のトレンド袖コンシャス!今年は、エクストラロングスリーブやベルスリーブ、袖コンシャスなど…
  4. オフショルダーとは、両肩が出るほどネックラインが大きく開いているデザインのことをいいます。首元や…
  5. キュロットスカートとは?どんな服?「キュロット」は英語でculotteと表記し、キュロットス…
PAGE TOP