MA1レディース春コーデ2017

SPONSOREDLINK

今シーズンも人気のMA1!春用のMA1は、冬のデザインと違って軽く羽織れるものが多いのです、初めての人でも着やすいアイテムです!

 

また持っていない人は、今年の春はMA1デビューしてみませんか?初心者でも取り入れやすいコーデを解説していきます!

春用MA1はどんなデザインを選ぶべき?

MA-1とは、もともと軍用として使用されていたジャケットを大衆的にアレンジしたものを言います。

 

そのため、ジャケットの中でも1位2位を争う「メンズライク」なコーデになります。

 

レディースコーデとして使用するならば、着用した時に肩幅が合うものや、ウエストより上の丈になるようなものを選ぶと全体的にすっきりとした印象になります。

 

また、最近ではカラーバリエーションも豊富ですので、自分の好みのカラーを選ぶと良いでしょう。

 

【春用MA1を買う時の注意点は?】

 

1、アームホールが広いため、中にインするものはタイトなものが理想的です。理想のスタイルができる服装を考えて選択しましょう。

 

2、トレンドアイテムのため、各ブランドさまざまなMA-1が発売されています。生地によっては光沢感のあるものや薄手のものなど多数ありますので、日頃から使いやすいものを選択しましょう。

 

3、ボトムスの色を考えて購入しましょう。MA-1に合うボトムスは多数あります。デニムやワイドパンツ、スカートやショートパンツ。メリハリがつくアイテムですので、MA-1が引き締め効果になるカラーを選択しましょう。

SPONSOREDLINK

 

 

 

MA1春コーデ20選

1、リバーシブル

⇒商品の詳細はこちら

合わせやすいブラックMA-1とデニムを合わせたコーデです。ヒールもジャケットと同じカラーでまとめています。

 

また、こちらのMA-1は裏地は花柄となっており、リバーシブルで楽しむことができます。気分によって変えることができるのでコーデの幅も広がりそうですね。

 

2、アメカジ

⇒商品の詳細はこちら

大きくバックプリントがあるタイプです。1枚羽織るだけでアメカジスタイルが完成します。

 

レディースだとショート丈なので、これだけの大きなプリントでもカジュアルに着用できますね。

 

また、ヘアスタイルもあえてアレンジせずシンプルに下ろしているだけで女性らしさを強調できていますね。

3、ニット合わせ

⇒商品の詳細はこちら

きれいめに着たいならネイビーを選択しましょう。雰囲気が柔らかくなりますよ。

 

また、薄手のニットとスカートを合わせることにより、甘すぎない大人スタイルに変身します。ネイビーだとどんな服装にも抵抗なく着回しできそうですね。

4、薄手生地&薄手カラー

⇒SHOPLIST.com by CROO

薄手のMA-1です。ジャケットとしてでも、軽くパーカー代わりとしても使用できますね。

 

寒い日だと、上からトレンドの「アウターonアウター」が可能なのも、薄手ジャケットのメリットです。

 

インナーもホワイトをインすることでやさしい印象を与えることができます。

5、オーバーサイズ

おしゃれ上級者たちがこぞってしているスタイル、オーバーサイズジャケットです。

 

袖をまくってあえてインナーを見せているあたり、おしゃれ度高いですね。また、足元は切りっぱなしデニムでこなれ感も出ています。

6、小物で遊ぶ

うまく小物を使って遊びココロを出した洒落かわいいコーデです。

 

スキニーパンツとハイカットスニーカーの組み合わせを、柔らかい素材のバッグやヘアバンドをプラスすることで一気に女性的なコーデになります。

 

ほどよくボーイズライクであり、ほどよくガールズライクになりますね。

7、タイトスカート

厚みやボリュームがあるMA-1にタイトスカートを合わせたコーデです。

 

アウターとボトムスのシルエットに差ができることで、シンプルなトーン合わせでも「「大人かわいい」スタイルが完成します。

8、着崩し

SPONSOREDLINK

あえて着崩して肩を出すと大人コーデを作ってみてはいかがでしょう。

 

また、Tシャツはタックインするこで脚長効果が期待できます。シンプルだけどトレンド溢れる上級者コーデです。

 

正式なMA-1はに裏地がオレンジになっているため、差し色としても使用できます。

9、オールインワン

ラフに仕上げたいならオールインワンとの組み合わせをおすすめします。

 

足元もスニーカーで軽やかでルーズなシルエットに見えますが、しっかりとした生地のMA-1が引き締め効果を出しています。

 

10、ハードモード

少し大きめのMA-1に、チョーカーや穴あきタイツ、厚底サンダルを合わせたロックエッセンス満載のコーデです。

 

ジャケットにミニスカートを合わせることで甘辛MIXにもなります。

 

ありきたりな格好はいやだ!という方は、とことんハードさを追求してもいいですね。

11、チュールスカート

春らしく、大人かわいくなれるチュールスカートとの合わせです。足元もホワイトスニーカーで軽やかに。

 

カーキ×ブラック×ホワイトのシンプルな組み合わせですが、異素材MIX効果でおしゃれさんになりますね。

 

腕まくりをして素肌を見せていて、オーバーサイズのジャケットをバランス良く着こなせています。

12、ロング丈

密かに人気のロング丈のMA-1です。丸くなりがちなシルエットがストンと落ちる縦のシルエットに大変身します。

 

クロップドパンツとサイドゴアブーツを組み合わせることにより、ほどよい足見せで抜け感が出ます。ミリタリー色が和らぐ小技ですね。

13、ドレス合わせ

光沢感のあるワンピースにMA-1をさらりと羽織ると、どこかラグジュアリー感を漂わせるコーデに。

 

MA-1自体も光沢がありますので上手に利用していますね。とにかくかっこいい!

 

なかなか考え付かない組み合わせをいとも簡単にしてしまう人は本当のおしゃれさんです。

14、ストリート

パーカーとシャツを腰に巻いた、カジュアル&ストリートコーデです。

 

パーカーのロゴとシャツのカラーを合わせることで、ごちゃごちゃせずまとまり感がありますね。

 

ニットでさらに差し色を加えていることもポイントです。

15、ワントーンコーデ

冬から春にかけて真似したい、ホワイトでまとめたワントーンコーデです。ふんわりしたイメージになり、甘い印象を与えることができます。

 

ホワイトでも、微妙に濃淡をつけることでメリハリが生まれます。

16、ハンサムコーデ

ジャケット、トップス、ボトムスをスリムなものでまとめると、ハンサムコーデになります。

 

全体的に非常にバランスが良く、女性だからこそかっこよく決まりますね。やんちゃなボーイズ風だけどもさりげなくきちんと感が演出できます。

17、おフェロコーデ

ハードなMA-1にスリットスカートとヒールを合わせるとおフェロコーデに。

 

甘く色気のある雰囲気の中にも、辛口ジャケットでトレンド満載になりますね。これなら彼とのデートスタイルにももってこいなのではないでしょうか。

18、元気いっぱい女子コーデ

Tシャツとショートパンツデニム、そしてハイカットスニーカーを合わせると・・・

 

フレッシュな元気いっぱい春夏コーデの完成です!ブラックジャケットでも軽い印象になりますね。楽チンコーデなのにMA-1投入で一気におしゃれに見えますよ。

 

19、ブラックコーデ

全身ブラックでまとめていますが、おしゃれポイントがたくさんあります。

 

まずシューズ。差し色を1点投入テクニックでコーデのアクセントになります。

 

そしてインしたホワイトTシャツ。ちらっとウエストから見せることにより、ブラックとのメリハリをつけてスタイルアップ効果になっています。

20、ボリュームを楽しむ

ボリュームがあり、かつ膨張色のホワイトジャケットと組み合わせるならやっぱりブラックスキニー。

 

モノトーンコーデですが、シルエットを楽しんでこそスタイリッシュでトラディショナルな印象を作ることができますよ。

 

小物のバッグもかわいいですね。

 

 

 

SPONSOREDLINK

新着記事

  1. 盛り袖とはどんなデザイン?袖部分が大きく広がったボリュームのあるものや、フリルやリボンなどの…
  2. 抜襟とは?「抜襟」という言葉を聞いたことはありますか。これは、シャツを少し後に持ってきて襟足…
  3. ロングジレとはどんな服?ジレとは、英語で「gilet」と書きます。袖無しベストのようなもので…
  4. 今年トレンドのデザイン、春ワンピースは?今年は袖や裾のコンシャスなデザインのものがトレンドと…
  5. 今年のユニクロとgu新作春ニットは?ユニクロではリブモックネックニットが今年も人気、guでは…

人気の記事

  1. デニムアイテムは今年のトレンドですよね!中でも注目を集めているのアイテムがデニムワンピース!…
  2. オールインワンとは?どんな服?トップスとボトムスが繋がっていて、1枚の洋服になっ…
  3. 今年のトレンド袖コンシャス!今年は、エクストラロングスリーブやベルスリーブ、袖コンシャスなど…
  4. オフショルダーとは、両肩が出るほどネックラインが大きく開いているデザインのことをいいます。首元や…
  5. キュロットスカートとは?どんな服?「キュロット」は英語でculotteと表記し、キュロットス…
PAGE TOP