【40代】ライダース レディースコーデ

SPONSOREDLINK

【40代の人がライダースを選ぶ時の注意点は?】

 

「自分に合うサイズを選ぶ」

 

一番大切なのは自分に合ったジャケットを選ぶことです。基本的には肩幅で合わすのですが、フォーマルなスタイルが多くなる40代の方には、バストで合わせることをおすすめします。(開け閉めできるように)

 

ただし、革製品は使い込めば込むほど自分の体に馴染みますので、試着時に「ジャストサイズ」か「少し小さいかな?」と思うものを購入しておくといいでしょう。

 

【ライダースを着る時のポイントは?】

 

①「シルエットにこだわる」

 

どうしても体型カバーを考えがちになりますが、AラインやIラインなどボトムスによって大人っぽくライダースを着こなすことが可能になります。

 

②「ワンポイントアイテムを使う」

 

落ち着いたカラーものになりがちですが、あえて小物や色味を入れてワンポイントアクセントをつけてみると、一気におしゃれと華やかさがアップすることも可能ですよ。

 

【40代におススメ!ライダースコーデ20選】

 

<1、Vネックインナーですっきりと>

首回りをすっきりと見せるコーデです。全体的な色味は抑えつつ、足元のシルバーパンプスで洗練されたイメージを与えています。

SPONSOREDLINK

 

ボトムスもさらりとした生地のスラックスを合わせており、真似しやすいきれいめコーデです。

 

<2、デニム合わせ>

ウエストと太ももが気になる方におすすめの、切りっぱなしデニム合わせです。

 

写真のようにワイドなものを選ぶと、体型カバーにもつながります。

 

小物や足元はジャケットと同じカラーを合わせることで引き締め効果が期待できます。

 

<3、ストールでアクセント>

ブラックで統一するときにおすすめ、「差し色アイテム」を使用した例です。1点投入で全然違った印象を与えます。

 

これは簡単に真似できそうですね。顔まわりにくるストールは、ピンクやオレンジなど、自分の肌写りが良いカラーを合わせるといいでしょう。

 

<4、ガウチョパンツ>

昨年より大流行したガウチョパンツとの組み合わせです。

 

アウターはライダースでかっこよく、そしてボトムスはガウチョでトレンド満載コーデに変身します。

 

写真のように少し厚みのあるしっかりとした生地のガウチョを選ぶと「大人」カジュアルになりますよ。

 

<5、ブラウンカラー>

優しいイメージになりたいなら、ブラウンカラーのライダースをおすすめします。

 

写真のようにアイボリーワンピースと合わせると、品のあるコーデになります。

 

ヒールはヌーディーカラーを使用していることもポイントです。

 

<6、ワイドパンツ>

ホワイトのワイドパンツを合わせていて、Aラインのシルエットを作っています。

 

Aラインは気になる体型カバーにもってこいのシルエットです。

 

ライダース自体はコンパクトコーデになるからこそ、ボトムス合わせで全く違った印象を与えることができますね。

 

<7、タートルニット>

タートルネックをインしたコーデです。カジュアル感をアップしたい方におすすめのコーデです。

 

ライダースに合わせるなら、薄手のものがいいでしょう。写真のように少し腕を捲り上げて肌見せをすることでモッサリしませんよ。

 

また、ロングヘアの方はタートルニットの存在を目立たせるためにアップにすることをおすすめします。

 

<8、カラースカート>

簡単に華やかな印象を与えるなら、カラースカートを合わせてみましょう。

 

ブラックライダースだとより色味が鮮やかに映りますね。柄のないシンプルなスカートのほうが大人のコーデに仕上がります。

 

<9、丸襟>

首回りをよりすっきり見せたいあなたは、丸襟のライダースを選んでみてください。

 

カットソーなども丸襟を選んでくださいね。鎖骨が見えることで華奢な印象を与えることができます。

 

ネックレスを合わせる場合は、細いチェーンを合わせてみてください。

 

<10、スモーキーカラー>

SPONSOREDLINK

⇒商品の詳細はこちら

秋冬にはもってこいの、スモーキーカラーコーデです。

 

カーキスカートでボヤけすぎないよう、ブラックジャケットで全体を引き締める効果があります。

 

ブーティーを合わせ、全体的に縦シルエットを強調することでバランスよく着こなせています。

 

<11、ウエストマーク>

体型カバーにおすすめ、ウエストマークです。

 

写真のようにハイウエスト、またはリボンでウエストマークをポイントにすることで、脚長効果となります。

 

ハードなジャケットにリボンのスカートで甘辛MIXコーデになりますね。

 

<12、スポーティー>

カジュアル、きれいめ、フェミニン、スポーティー、何にでも合うことがライダースジャケットの特権です。

 

写真のようにスウェット合わせでかっこよく決まります。

 

ジャケットの上からディレクター巻きをしてトップにもカジュアルダウンを意識しているおしゃれ上級者コーデです。

 

<14、全体の締めに>

⇒商品の詳細はこちら

 

ダークブラウンは、全体をほどよく締める役割りを果たします。

 

ジャケットだとかっちりなりすぎる、カーディガンだときれいになりすぎる・・・

 

だからこそ、ライダースは<ちょうどよい>カジュアルダウンになるのです。

 

ハットを合わせることで上品さもプラスされていますね。

 

 

<15、Iラインシルエット>

コンパクトライダースとペンシルスカートを使い、Iラインをうまく強調しています。

 

また、マフラーとタイツのカラーを、そしてスカートとパンプスを同系色にすることでまとまりのあるコーデになっています。

 

ライダースと全く違う印象の丸みのあるカゴバッグを合わせていてとってもかわいいです。

 

<16、フレアスカート>

モノトーンコーデですが、ミモレ丈・フレアスカートを合わせて女性らしさを演出しています。

 

また、腕とオープントゥで素肌を見せて重くならないように意識しています。

 

シンプルなライダースに大振りなネックレスをさらりとつけているところもおしゃれです。

 

<17、フード付き>

⇒SHOPLIST.com by CROOZ

大人カジュアルを目指すなら、パーカーをインしてみてください。

 

といっても、こちらの商品はもともとフード付きタイプのライダースなので非常に便利!

 

重ね着はゴワついて苦手という方でも簡単にカジュアルスタイルに変身します。

 

<18、レイヤード>

斬新&新鮮なレイヤード使いのコーデです。

 

あえてロング丈のものをインすることで、女性に悩みの多いヒップや太ももを一気に隠すことができます。

 

ジャケットでトップを引き締ることでウエスト位置も高く見えて一石二鳥です。

 

レイヤードとジャケットの色合いにも注意してみてくださいね。

 

<19、小物でエレガントさをプラス>

洋服はラフに、そしてバッグやヒールなどをブランドものにして合わせる、上級者テクニックコーデです。

 

カットソー、スカート、ジャケット、シンプルな色使いですが、小物効果もありグッと上品さが漂ってきます。

 

海外セレブにも人気の合わせ技ですね。大人にしかできないコーデですので、思いっきり楽しみましょう。

 

<20、重ね着>

最近流行の「アウターオンアウター」ファッションです。

 

シンプルだからこそかっこいい!合わすカラーによってシックに決めることができます。

 

トレンドを出しつつ防寒対策にはもってこいのコーデです。足首を出してさらりと着こなすと大人の「余裕」がでます。

 

 

 

 

SPONSOREDLINK

新着記事

  1. 盛り袖とはどんなデザイン?袖部分が大きく広がったボリュームのあるものや、フリルやリボンなどの…
  2. 抜襟とは?「抜襟」という言葉を聞いたことはありますか。これは、シャツを少し後に持ってきて襟足…
  3. ロングジレとはどんな服?ジレとは、英語で「gilet」と書きます。袖無しベストのようなもので…
  4. 今年トレンドのデザイン、春ワンピースは?今年は袖や裾のコンシャスなデザインのものがトレンドと…
  5. 今年のユニクロとgu新作春ニットは?ユニクロではリブモックネックニットが今年も人気、guでは…

人気の記事

  1. デニムアイテムは今年のトレンドですよね!中でも注目を集めているのアイテムがデニムワンピース!…
  2. オールインワンとは?どんな服?トップスとボトムスが繋がっていて、1枚の洋服になっ…
  3. 今年のトレンド袖コンシャス!今年は、エクストラロングスリーブやベルスリーブ、袖コンシャスなど…
  4. オフショルダーとは、両肩が出るほどネックラインが大きく開いているデザインのことをいいます。首元や…
  5. キュロットスカートとは?どんな服?「キュロット」は英語でculotteと表記し、キュロットス…
PAGE TOP